とちぎ福祉プラザモデルルーム

ユニバーサルデザインで誰もが快適

ユニバーサルデザインの発想で企画・設計・デザインされたこのモデルルームは、障害のある人もない人も、だれもが快適で安全な生活をおくれる空間づくりを目指しています。
また、インテリアや照明・色彩など工夫により心理的にもやすらぎが得られる住環境となっています。
私たちとちぎノーマライゼーション研究会は、とちぎ福祉プラザ設立以来このモデルルームを拠点とし、一級建築士や介護支援専門員など、医療・介護・建築の各分野の資格をもった専門スタッフが、展示の説明や個々の相談にお応えする活動を行っています。


モデルルームのご案内

私たちモデルルームスタッフが「住み慣れた地域で、家で暮らし続けたい!」と願う人たちの力になります。

[とちぎ福祉プラザのモデルルーム]

とちぎ福祉プラザは、幅広い福祉活動の交流を目指した施設です。
〒320-8508 栃木県宇都宮市若草1-10-6
TEL / FAX 028-627-2940
開館時間:午前9時から午後5時
休館日:日曜日 祝祭日 年末年始

公共機関でお越しの場合

JR宇都宮駅から関東バスで約25分、詳細はお問合せください。

車でお越しの場合

東北自動車道宇都宮インターから約15分、鹿沼インターから約20分

お問合せはこちら>>

写真


写真

大きな地図で見る

展示内容

写真

リビング・キッチン

やわらかな光に照らされたリビング、車いすに座ったままでも使いやすいキッチンや収納、調理を助ける道具など、実際に体験することができます。

写真

ベッドルーム

自立生活を支援する多機能ベッドと一般のベッドをコーディネート、生活する空間として展示をしています。

写真

移乗用リフト

寝室には移乗用のリフトを常設し、車いすとベッドの間の移乗介護をいつでも体験できます。
ベッドは、新しいJIS規格に対応し、また臨床的評価認証(QAPマーク)も取得したものを展示しております。

写真

和室

車いすの座面高さと合わせて配置した和室、車いすからの移動を楽にしました。

写真

浴室

浴室は家庭内での事故の多い空間です。
またぎ動作を安全に行うためのベンチや、バスリフト、入浴用のいすなどを実際に使える状態で展示しています。

写真

洗面室

背の低い子供から大人まで、車いす座ったままでも使用しやすい、高さの調節が可能な洗面台を展示しています。

写真

玄関

段差の無い玄関、サッシは広い間口で車いすでの移動も楽な3枚引違い戸、屋内から郵便物を確認できるポストの配置など、工夫がいっぱいです。

写真

ほかにもアイディアいっぱいです。
コンセント位置、幅木の高さなど細かな気配りと気持ちを明るく楽しく、心弾ませてくれるインテリアなどなど、たくさんの「発見」をご用意しています。
最近の情報 最近の情報 最近の情報